人間ドッグの検査の選び方

人間ドックを受けたことがありますか?

人間ドックを受ける対象年齢は、検査項目によって異なります。

近頃、日本人の死亡原因の上位を占めているものに癌、心臓疾患、脳疾患などがあげられます。
特に癌の死亡率は、老若男女問わず高いのが現状です。
しかし、最近の医学の進歩により癌を患ってしまったら、必ず「死」しか選択肢がないという病気ではなくなってきています。
癌を患った人であっても、社会生活をしながら治療されていたり、5年以上の治療期間を過ごし、社会復帰され健康な生活を営まれる人達も多くなってきています。
それでは、同じような癌を患った人達であるのに、なぜ生死の分かれめがあるのでしょうか。
それは癌に関しては、「早期発見」を心掛けることに尽きると言えます。
つまり、1ステージと呼ばれる小さな状態の癌細胞を発見することができれば、体のダメージは最小限に抑えることができ、食事や就業制限は比較的少なくても、元気な体を取り戻して容易に社会生活が送れる可能性が高くなってきています。
けれど、癌の発見が遅れて2ステージ、3ステージ、末期といわれる4ステージとステージが高くなると日常生活の制限はもちろんですが、命の保障さえ脅かされてしまいう可能性が高くなっていきます。
いわゆる手遅れと呼ばれる事態となれば、本人はかなりきつい治療方法に耐えなければならず、治療代もかかります。
加えて、家族をはじめとする周囲の手間や心情的な悲しみも体験させることになり、時には絶望感を与えてしまう事態にもなりかねません。
健康に過ごす日常生活は、今のあなたにとって当たり前となっていることでしょう。
だからこそ、多忙、健康を理由にすることなく、人間ドックを受けることで確かな安心を獲得することをおすすめします。