人間ドックを受けたことがありますか?

>

人間ドッグを受けて安心で健康な生活を

人間ドック受診は何歳から

人間ドックを受けるメリットは病気を早期に発見できることです。
それでは、何歳からなら受けることができるでしょうか。
その答えは、20歳以上の成人なら誰でも受けることができます。
もちろん、人間ドックを受診する義務はありませんが、癌などの病であれば、若ければ若いほど進行が早く、手遅れになることで生存率が低くなる可能性があります。
働き盛りの30代から40代は、職場でも家庭でも中心的な立場の人が多く、このような年代の人が病に倒れられた場合の家庭や職場における損失は大きなものになりかねません。
なによりも、本人が一番つらい思いをしながら、健康を取り戻すのに甚大な努力と周囲の協力と、それに伴う費用が重なります。
病の早期発見は、自分の誕生日などを機会に、人間ドックを受診する習慣を身につけることから始めましょう。

年齢で検査項目が変わる

人間ドックを受診できる20代、30代の人達は、健康診断で充分だと考えている人が多い年代です。
そんな20代、30代の人達でも、食生活や生活習慣が欧米化が進む生活を送ることで、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が増えている傾向にあります。
このような現象から20代半ばになると、一度は人間ドック受診を体験してみたいと考える人も増えてきているようです。
特に、これから結婚しようとする若い女性には、結婚を機に子宮頸がん検診や人間ドックを受診されることをおすすめします。
30代半ばから40代になると仕事が多忙となったり、アルコールを飲む機会が多くなり不規則な生活になりがちになります。
内視鏡(胃カメラ)を使った検査項目を受診されることをおすすめします。
このように年齢やストレスを重ねていく中で、自分にあった検査項目を医師などに相談することをおすすめします。


この記事をシェアする