人間ドックを受けたことがありますか?

>

検査項目別によってかかるコストとは

人間ドックを受けるには

人間ドックの受診を考える際には、施設が自宅や職場に近いかどうかといった基準で考える人もおられることでしょう。
人間ドックは、総合病院や大学病院、クリニックや診療所などの実施機関であれば自由に選ぶことができます。
人間ドックを利用する施設やコースなどによっては価格が違いますので、検査項目を見ながら価格を確認して決定するとよいでしょう。
検査項目が多く、時間がかかるコースもいろいろありますので費用の面からも考えたいものです。
およその目安で言えば、半日で4万円ぐらい、1日で7万円、1泊で10万円ぐらいからかかります。
この他に、オプション設定されている項目やサービスなどがある場合、費用がかさんできます。
ご自身の心配だと思える箇所や前回の健診の結果を踏まえながら考えると、効率よく受けられる可能性があります。

人間ドックのメリットとデメリット

人間ドックでの検診項目や時間を増やせば、日常生活や職場の中で知らず知らずのうちに患ってしまう生活習慣病の予防ができ、病態を早期に発見できれば軽度な症状のうちに素早い治療をしてもらうことができます。
その一方で、人間ドックには残念ながらデメリットもあります。
人間ドックの検査項目と時間が増えれば、費用も増えますので、自己負担される事業主などの方には経済的なデメリットだといえます。
検査項目についてのデメリットとしては、レントゲン検査、透視検査、CT検査、PET検査などで放射線を被ばくしてしまう可能性がありますし、胃カメラの検査にも、カメラのスコープで喉を通るとき又は胃の粘膜を損傷し傷つける可能性があります。
また、透視検査に用いるバリウムを飲用した際に腸内に残ってしまって、虫垂炎などの炎症の原因となる可能性も否定することはできません。


この記事をシェアする